伊藤忠グループ 企業行動指針

伊藤忠グループ 企業行動指針
ひとりの商人、無数の使命

伊藤忠グループは、
「ひとりの商人、無数の使命」を企業行動指針の言葉として掲げます。
それは、「三方よし」に込めた思いを実現し、伊藤忠グループの社員が理想とする商いを実践する際の指針となる言葉です。

社員一人ひとりが、
「求められるものを、求める人に、求められる形で」お届けするために、自らの商いにおける行動を自発的に考えることにより、伊藤忠の強みである「個の力」が発揮できる。
そんな伊藤忠らしさをあらわすのが「ひとりの商人、無数の使命」です。

これはまさに、創業者・伊藤忠兵衛の商いの哲学であり、当社の企業理念「三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)」を実践するための道。わたしたちは日本を代表する総合商社として、
これからも常に「商人魂」を原点に据えながら、売り手にも、買い手にも、世間にもより善い商い、より善い未来に向けて「無数の使命」を果たしてまいります。